■マカが不妊によいと言われているのはなぜ?

 

妊活で使用されるものの一つにマカがあります。
マカってあのマカ?と驚かれた方もいるのではないでしょうか。
男性向けの精力剤に使用されているマカですが実は精力増進が主な効能ではありません。

 

 

マカは、南米のペルー原産の野菜で、カブや大根と同じ系統です。
栄養価が高く現地の人には昔から「完全食」と呼ばれていました。

 

 

アルギニン・リジン・亜鉛・ベンジルグルコシート・プロリン(コラーゲン)など
男女両方に必要な栄養が豊富に含まれているのが特徴です。

 

 

アルギニンは精力増強効果があると言われています。
ベンジルグルコシートは、女性ホルモンのバランスを整えます。
亜鉛は、男性機能の維持に不可欠な栄養です。

 

 

マカには、全身の血流をよくする効果、ホルモンのバランスを整える効果があります。
そのため、ホルモンのバランスを整えられることにより月経周期が整ったり、
生理痛が軽くなったりなどの女性にとって嬉しい効果があります。

 

 

また、男性であれば疲労を回復し体力維持に役立ちます。
さらに、マカには精子の生成を促す栄養が含まれています。
さらに妊活の障害になりやすいストレスに対する効果もあります。

 

 

マカは薬ではなく食品なので安心して摂れるのも魅力ですね。
しかし、国内ではマカはあまり流通していません。
そのため、サプリメントで摂取することになるでしょう。

 

 

■マカのサプリメントはどうやって選ぶ?

 

サプリメントは種類がたくさんあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。
マカのサプリメントを選ぶ上で重要なポイントは4点です。

 

@国内産かどうか
国内産のマカは南米産と比べて栄養価が高いことが特徴です。
アルギニンというアミノ酸は南米産の約4倍もあります。

 

A濃縮エキスか粉末か
濃縮エキスと表記されているものよりもマカ粉末と記載されているものの方がいいでしょう。

 

B無農薬栽培か
国内産のマカは無農薬のものがほとんどなので気にしなくてもいいかもしれません。
輸入品の場合はしっかりと確認することをおすすめします。

 

 

Cマカの他に含まれている成分は何か
マカのサプリメントといってもマカだけで作られているものは少なく、
他にもビタミンや亜鉛などが加えられているものが多いです。

 

 

■人気の高いマカサプリメント

 

ここでは人気のあるマカのサプリメントについてご紹介します。

 

 

<ハグクミの恵み>

 

非常に人気が高く、クチコミ評価も高いサプリメントです。
男性・女性特有の悩みや不妊の悩みをもつ方に愛飲されています。

 

 

主な成分は以下の通りです。

 

・日本産マカ(無農薬)
ペルー産のものと比べてベンジルグルコシートが数十倍、アルギニンなどのアミノ酸が
4倍以と豊富に含まれています。

 

・ザクロ
植物性の女性ホルモン様の物質です。体内で女性ホルモンのような作用をします。

 

・108種の植物酵素エキス
ビタミンがたっぷりと含まれています。

 

 

20〜40代の方に多く飲まれているようです。
また。更年期障害にも効くようです。

 

 

値段は1日あたり99円と比較的安価です。

 

 

<サントリーのマカ>
元気のない男性を中心に飲まれているサプリメントです。

 

 

主な成分は以下の通りです。

 

・ペルー産マカ(無農薬)

 

・冬虫夏草
中国の和漢素材です。マカの効果を高めます。

 

・トナカイの角
・亜鉛
・ベニバナ

 

 

女性が服用しても問題はありませんが、男性向けに作られている商品なので、
最近元気がないと感じている男性におすすめします。

 

 

値段は1日あたり183円と少々高めです。

 

 

 

<プレリア>

 

有機JAS認定を受けたペルー産のマカのみを使用して作られた女性の為のサプリメントです。

 

 

主な成分は以下の通りです。

 

・ペルー産マカ(有機栽培)
乾燥したマカをそのまま使用しています。

 

 

愛用者は妊活中の女性が多いようです。
また、更年期障害の方にも人気があります。

 

 

値段は1日あたり260円と高いですが効果は期待できます。

 

 

<ホットストア マカ>

 

化学肥料などを一切使用していない高品質なマカが比較的安価に購入できます。
コスパ重視の方におすすめです。

 

 

主な成分は以下の通りです。

 

・ペルー産マカ(有機栽培)
有機JAS認定を受けたマカを使用しています。
濃縮はしておらず、マカ粉末を使用しています。

 

 

値段は1日あたり108円と比較的安価です。

 

 

<小林製薬 マカEX>
マカの他に和漢成分を配合したサプリメントです。

 

 

主な成分は以下の通りです。

 

・ペルー産マカ(無農薬)

 

・高麗人参

 

・エゾウコギエキス

 

 

おすすめの3つの成分をまとめて配合し、男性のみなぎる元気を取り戻すサプリメントです。
男性向けの商品になっています。

 

 

値段は1日あたり80円と比較的安価です。

 

■男性不妊、女性不妊への効果。悪い口コミと良い口コミ

 

マカはどのように男性不妊、女性不妊に対して効果を出すのでしょうか。

 

 

<男性不妊>

 

男性不妊で一番多いのは造精機能障害で、およそ90%を占めます。
精子形成がうまくいかない、精子の運動率が低い、数が少ないなど、
精子をつくる機能に何かしらの障害がある場合を指します。

 

 

生活環境や食生活の変化により、男性の精液中の精子数・運動率は、
20年前よりも20〜50%減少していると言われています。

 

 

精子数・運動率が低いと受精率が低くなり、不妊の原因となります。
このように意外と男性不妊は身近な問題です。

 

 

亜鉛、セレン、アルギニンなどは精子数を増やしたり、運動率を高めたりする効果があり、
男性不妊の改善に効果があります。
マカは、そのうち亜鉛やアルギニンを豊富に、バランス良く含んでいます。

 

 

マカによって、精子の数、運動率が高められることによって精液所見が改善し、
妊娠しやすくなる、ということになります。

 

 

<女性不妊>

 

マカには女性ホルモンと同じような働きをする物質と、下垂体や視床下部といった
ホルモンの分泌を調節する中枢を刺激し、女性ホルモンの分泌を促す物質が含まれます。

 

 

女性ホルモンのバランスを整える効果があるため、原産のペルーではホルモンバランスを
整えるための治療の一環としてマカを食べるそうです。

 

 

女性ホルモンのバランスが崩れると、生理不順や冷え症になり妊娠しにくくなります。
マカは、ホルモンバランスを整え、生理不順や冷え症などの症状を取り除くことで
不妊に対して効果を示します。

 

 

また、マカに豊富に含まれているアルギニンは全身の血流をよくする効果があり、
成長ホルモンの分泌を活発にするため、若返りの効果があります。

 

 

成長ホルモンには疲労回復や精力増進作用があり、疲れにくい体になるため
妊活中はおすすめです。

 

 

その他、更年期障害に対する効果もあります。

 

 

 

次に実際にマカを使用した方の口コミなどをご紹介します。

 

 

■マカサプリメントの悪い口コミ

 

まずは、マカサプリメントを服用した方による悪い口コミをご紹介します。

 

 

・基礎体温ががたがたになる

 

・高温相にならない

 

・無排卵月経になった

 

・胃が痛くなった

 

・不正出血した

 

・生理が遅れた

 

 

上記のような症状はマカの服用をやめたところなくなったそうです。

 

 

マカには女性ホルモンであるエストロゲンに似た物質が含まれています。
エストロゲンは別名卵胞ホルモンといい、排卵前の卵胞から多く分泌されます。

 

 

マカを服用することによって体内にエストロゲン様の物質が多くなると、
脳は卵胞が既にありそこからエストロゲンが出ていると錯覚してしまいます。

 

 

そのため、排卵に備えた卵胞の成長が行われなくなり、排卵が行われないため
無排卵月経や月経周期の乱れが生じます。

 

 

■マカサプリメントの良い口コミ

 

・体力維持にいい

 

・精液検査で運動率、濃度が平均まで上昇した

 

・手足の冷えがよくなった

 

・目覚めがすっきりするようになった

 

・飲み始めて半年で妊娠した

 

 

上記の口コミには男性のものも含まれています。
女性が服用した場合は悪い口コミもありますが、男性の場合は良い口コミが多いです。

 

 

■マカを使った臨床研究の結果

 

マカの人体への作用についてはまだ詳しく解明されていないというのが現状ですが、
ペルーのカエタノ・エレディア大学の研究チームは多くのヒトを対象とした
臨床試験を行っていますし、最近は欧米でも臨床試験が行われています。

 

 

日本でも秋田大学の産婦人科などでマカを使った研究が行われました。

 

 

代表的な臨床試験を以下にご紹介します。

 

 

<マカ服用前後の男性不妊患者の精液所見の比較>
原因不明の乏精子症、または、精子無力症と診断された14名の男性不妊患者に、
1日に3gのマカを服用させ、服用前後の精液所見を比較しました。

 

14名中8名の男性で精液所見が改善したと報告しています。
また、精液所見に改善がみられなかった6名はFSHが10以上と高く、
既に精子をつくる機能が消失もしくは高度に低下していることが示唆されました。

 

この結果から、マカは男性不妊患者の精液所見を改善する効果があるものの、
造精機能が著しく損なわれている場合は効果がないということがわかります。

 

 

<健康な男性におけるマカ服用前後の精液所見の比較>
健康な成人男性9名に、4ヶ月間にわたり1日に1.5g、もしくは3gのマカを服用させ、
マカ摂取前後の精液所見および男性ホルモン分泌量を測定した試験です。

 

精液量は平均130%、精子濃度は134%、総精子数が183%、運動精子数は208%増加し、
総精子数、運動精子数はともに約2倍に増加しました。
男性ホルモン量はマカ摂取前後で大きな変化は見られませんでした。

 

 

<健康な男性におけるマカ服用前後の性欲の比較>
健康な成人男性57名を二つのグループに分け、一方にマカ(1.5g〜3g)、
他方に偽薬を1年間飲ませ二重盲験法による調査を行い、4ヶ月、8ヶ月、12ヶ月目に
性欲を測るテストを実施しました。

 

マカを服用したグループでは、2ヶ月目から性欲アップ効果が出てきて、
8ヶ月後には性欲の指数が実験開始時の2.5倍を示しました。

 

 

 

このようにいくつかの臨床試験ではマカの効果が示されています。
しかし、いずれの試験も参加者が少なく、十分なエビデンスはありません。
そのためマカは不妊治療の補助的なものとして現在は使用されています。

 

■マカ「だけ」が本当に妊娠に影響したのかは誰もわからない

 

マカによって妊娠したというクチコミを見かけます。
しかし、それは本当にマカ「だけ」で妊娠したと言えるのでしょうか。

 

 

妊娠するためにマカを飲もう!と思われる方はたいていマカ以外にも
サプリメントなどを飲んでいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

また、他のサプリメントを飲んでいなかったとしても生活習慣を改善したり、
仕事を辞めてストレスがなくなったなど環境の変化のおかげの場合もあります。

 

 

そのため、妊活におすすめとされているものはたくさんありますが、
それ「だけ」が効いたということはわからないのです。

 

 

そのため、マカを飲み始めて妊娠した!という人がいる場合、
その方は本当にマカのおかげで妊娠された可能性もありますし、
確かにマカは飲んではいたけれども他のもののおかげで妊娠した可能性もあります。

 

 

なので、クチコミを見る際には「ほんとにマカのおかげなのか?」といった視点で
一度読んでみるといいかもしれません。

 

 

■マカのサプリメントは女性は摂らない方がいい?

 

先程ご紹介したように、マカのサプリメントを摂取して生理周期が乱れたり、
胃が痛くなったりといった症状が出現した方が少なからずいらっしゃいました。

 

 

妊活にいいと思って摂取したのに、生理周期が乱れたら逆効果ですよね。
女性はマカのサプリメントは摂らない方がいいのでしょうか?

 

 

マカが合うかどうかは体質にもよるようです。
しかし、生理周期が乱れたりするため、医師によってはマカの服用を禁止することもあります。

 

 

マカを服用して具合が悪くなったり、下痢を起こしたりすることがあるため、
服用し始めは少量ずつから試し、慣れてきたら一日の量を服用するようにしましょう。

 

 

マカには女性ホルモンに作用する物質が含まれているため、女性ホルモンのバランスが
崩れやすく、女性の方が副作用が出やすいようです。

 

 

一方、男性ではそのような心配はほとんどないため、男女ともにマカを服用するのではなく、
男性だけマカを服用するようにするといいかもしれません。

 

 

■スピルリナの効果

 

あまり知られていませんが、スピルリナはホルモンバランスを整え、
内側から身体をきれいにしてくれるため、妊娠したい方にもおすすめです。

 

 

スピルリナには以下のような効果があります。

 

 

@免疫活性化
リンパ球が活性化し、免疫力が高まる効果があります。

 

Aアンチエイジング効果
DNAやRNAなどの核酸は普通は体内から合成されますが、加齢とともに減少します。
核酸をスピルリナから摂取することで新陳代謝が促進されるため、細胞の入れ替わりが
激しくなり、若返り効果が期待できます。

 

B抗炎症作用
スピルリナに含まれるフィコシアニンは炎症を起こす物質の分泌を抑え、
抗炎症作用があると期待されています。

 

C貧血予防効果
スピルリナに豊富に含まれている葉緑素は体の中で血液の原料となるため、
貧血に対する効果があります。

 

D肥満予防効果
食物繊維をたくさん摂取すると、腸のぜん動運動が活発になり、便通を良くなります。
そのため、ダイエットには食物繊維は欠かせません。
スピルリナには食物繊維が豊富に含まれており、便通がよくなります。

 

Eアレルギー改善効果
スピルリナに含まれる有効成分により体内でγ-リノレン酸の生成が活性化されます。
γ-リノレン酸は、局所ホルモンに変換されて炎症やアレルギーの症状を抑えます。

 

 

上記の他にも、
?疲労回復
?二日酔い防止
?口臭、体臭改善
?コレステロール値の低下 などの効果があります。

 

 

■そもそもスピルリナってどんなもの?

 

スピルリナは全長が0.3〜0.5 mmほどの「微細藻類」です。
高温・高アルカリ・高塩分という過酷な環境下で繁殖できる強力な生命力や
含まれている栄養の豊富さが特徴です。

 

 

代表的な成分には以下のようなものがあります。

 

?タンパク質含有量が60〜70%で大豆よりも多い
?必須アミノ酸の一種であるフェニルアラニン
?高濃度のビタミン B群
?鉄分
?30種類以上のミネラル

 

 

ほとんど名前の知られていないスピルリナですが、かなり栄養のある食品のようです。
そのため、飢餓・栄養失調対策として注目されており、FAO・UNICEFなどの国際機関が
認証・推奨しています。

 

 

一日の摂取量は、2〜6gです。
過剰摂取すると体内に悪影響が出る恐れがありますのでお気を付け下さい。

 

 

また、基本的に上記の摂取量の目安を守っていれば副作用はほとんどないのですが、
体質などにより以下に挙げるような副作用が出ることがあります。

 

・発疹
・胃の不快感
・下痢

 

これらの症状が現れたら慎重に服用してください。

 

 

また、アレルギー体質の方やお子さんは上記の症状が出やすいため注意が必要です。

 

■マカで体調が悪化した人の声

 

マカにはホルモンのバランスを整える作用がありますが、かえってそれが裏目に出て
ホルモンバランスを崩し体調が悪くなってしまう方も結構います。

 

 

具体的には、

 

・妊活用に服用し始めたのに飲み始めてから生理不順になった
・無排卵になった
・下痢をした
・基礎体温がガタガタになった

 

などの声があります。

 

 

■マカの副作用

 

マカの副作用には次のようなものがあります。

 

 

・頭痛、不眠
マカは脳の下垂体にも作用し、ホルモンの分泌を調節します。
このように中枢神経への作用があり、頭痛や不眠の原因になります。

 

・にきび
マカには男性ホルモンを刺激する作用があり、男性は元々男性ホルモンが多いため、
多少増えても問題は出にくいですが、女性は影響が出やすく、その一つがにきびです。

 

特に多嚢胞性卵巣症候群の女性は普通の女性よりも男性ホルモンが多く、
マカによってさらに悪化してしまうことが多いようです。

 

・甲状腺疾患
元々甲状腺腫の持病がある人はマカに含まれるヨウ素によって悪化することがあります。

 

・月経トラブル
無月経、生理周期の乱れなどが起こることがあります。
マカによってホルモンのバランスが崩れることによります。

 

・食物アレルギー
マカはアブラナ科の植物です。
キャベツやブロッコリーなどアブラナ科の植物にアレルギーがある人は
マカの摂取によってアレルギー反応が起きることがあります。

 

症状は、咳、喘息、かゆみ、じんましん、胃痛、腹痛、下痢、嘔吐などです。

 

アブラナ科の植物には以下のようなものがあります。

 

カイワレダイコン、カブ、カリフラワー、キャベツ、クレソン、ケール、コールラビ、
コマツナ、タアサイ、ダイコン、タカナ、チンゲンサイ、ナバナ、ハクサイ、
ブロッコリー、ミズナ、メキャベツ、ラディッシュなど

 

これらの植物を食べて身体に異変が現れたことのある人は要注意です。

 

 

■マカの服用を避けた方がいいのはこんな人

 

マカの服用を避けた方がいいのは以下のような人達です。

 

 

・甲状腺疾患がある人
・アブラナ科の野菜にアレルギーがある人
・にきびが気になる人
・服用後、頭痛、不眠が起きた人
・ホルモン分泌障害がある人
・肝臓や腎臓の働きに問題がある
・経口避妊薬を服用している人
・子宮筋腫がある人
・妊娠中、授乳中の女性

 

 

どうしても服用したい場合は一度医師に相談してからにするといいかもしれません。

 

 

■「~倍濃縮エキス」は嘘?

 

マカのサプリメントに限らず、「倍濃縮」という言葉を目にすることは多いと思います。
しかし、気を付けてほしいのはマカのエキスを濃縮する方法はまだないからです。

 

 

1kgのマカを溶液に浸して抽出し、どうしても抽出できない部分を捨てて
100gのマカのエキスができた場合に業者が10倍濃縮と勘違いして言ってしまうようです。
なので、濃縮はされていません。

 

 

別に濃縮されてなくても問題ないのですが、そのように勘違いしたまま
販売してしまう業者の品質管理はどうなのか・・・・という問題はあります。

 

 

■マカの摂取量の目安は?

 

マカはアブラナ科の植物で、薬ではなく食べ物なのでたくさん摂取しては
いけないというものでは本来はないはずです。

 

 

しかし、マカの摂りすぎで体調を崩すことがあるのも事実です。
マカの一日の摂取量の目安はどれくらいでしょうか。

 

 

日本人の成人の一日の摂取量の目安は1500mgです。
粉末状であればだいたいティースプーン2~3杯くらいです。
サプリメントごとに摂取量が決まっている場合はそちらに従いましょう。

 

 

ただし、同じ量を服用しても人によって効き目が違います。
1500mgよりも多く服用した方が調子のいい人もいれば、150mgでは多すぎの人もいます。
ご自分の体調を見ながら調節してみてください。

 

 

なお、マカの原産国であるペルーでは一日1500mg以上服用しているようです。

 

 

■マカのサプリメントはいつ飲むのが良い?

 

基本的にマカは食品であるため、薬と違って飲む時間は自由です。
しかし、一般的には食事と一緒に摂るのがいいと言われています。
消化管が活発に動いているため、栄養価の高いマカを効率よく消化できるようです。

 

 

おすすめのマカの摂取方法は粉末のマカを料理に入れて摂ることです。
こうすることで自然に摂取できますし、飲み忘れることも少なくなります。

 

 

■具合が悪い・・・好転反応の可能性も

 

サプリメントや健康食品などを摂り始めて少し経つと一時的に体調が悪くなることがあります。
これを「好転反応」と呼びます。

 

 

好転反応は体質が改善されている証拠なので、決して悪いことではありません。
しかし、サプリメントなどを飲み始めて調子が悪くなると怖くなってしまい、
服用をやめてしまう人が多いです。

 

 

マカは身体に合う人にはよく効き、合わない人はかえって悪化するというところがありますが、
「好転反応」がでて一週間ほど我慢すると良い効果が現れてくることも少なくありません。
摂取量を減らして無理のない量にしてそのまま継続したいところです。

 

 

「好転反応」の症状には、以下のようなものがあります。

 

下痢、便秘、だるさ、湿疹、発熱、目の疲れ、フケや耳垢の増など

 

アレルギー反応は見逃してはいけませんが、上記のような症状が主なときは
少し様子を見てみるのもいいかもしれません。

 

■マカ以外の妊活サポートサプリや飲み物

 

マカ以外にも妊活に効果的と言われているものはいくつかありますが、
代表的なものには以下のようなものがあります。

 

・ルイボスティー
・ザクロ
・葉酸サプリメント

 

 

それぞれについてご紹介します。

 

 

■妊活サポートアイテム@ルイボスティー

 

ルイボスティーはノンカフェインでポリフェノールも多く含まれており、
美容にも健康にもいいと女性を中心に人気を集めてきています。
最近は普通のスーパーやコンビニでも置いてあることが多いですよね。

 

 

そんなルイボスティーが妊活にも効果があると注目されるようになりました。
最近の研究で不妊に活性酸素が関与しているということが明らかになったのです。

 

 

活性酸素は老化の原因と言われていて悪いイメージが多いですが、悪い作用だけではなく、
身体の反応に活性酸素が必要な場面も多々あります。
その一つが排卵です。

 

 

毎月1回の排卵に活性酸素が関与しているということがわかっています。
また、排卵後に行われる次の排卵の準備にも活性酸素が関与していると言われています。

 

 

若いうちは活性酸素による悪い影響は出にくいのですが、年齢とともに
活性酸素が増加し、そのバランスが崩れてしまいます。
それにより活性酸素の悪い側面が前面に出てしまい、不妊の原因となります。

 

 

先述の通りルイボスティーはポリフェノールが豊富に含まれていて
活性酸素を除去する効果があります。

 

 

妊活だけでなく健康にもいいので毎日の生活にルイボスティーを取り入れてみましょう。
朝食とともに飲むのもいいですし、普段持ち歩くペットボトルのお茶を
ルイボスティーに変えるだけでもOKです。

 

 

ルイボスティーは普通のお茶ですので、特に一日の摂取量に決まりはありません。
上限も決まっていませんが、水分の摂りすぎも良くありませんので、
2Lまでに留めておくのがいいのではないでしょうか。

 

 

気になる副作用ですが、お茶なので基本的にはありません。
飲みすぎると水分が過剰になりお腹を壊してしまうおそれはあります。

 

 

■妊活サポートアイテムAザクロ

 

女性にもっていこいの果実とも言われていて妊活でも使用されているザクロですが、
どういった効果があるのでしょうか。

 

 

ザクロが妊活にいいと言われている理由は主に以下の3つです。

 

 

@身体を温める

 

ザクロは身体を内側から温める「温果実」として知られています。
身体が冷えてしまうと血の巡りが悪くなり、ホルモンの分泌が落ちてしまいます。
女性は冷え症の方が多いので身体を温めることは大切です。

 

A女性ホルモンが含まれている

 

ザクロには植物性のエストロゲン様物質が豊富に含まれています。
エストロゲンは女性ホルモンの一種です。

 

女性のホルモンバランスや卵子の発育に不可欠なエストロゲンを補うことで
月経不順などが改善され妊活への効果が期待できます。

 

Bポリフェノールが豊富に含まれている

 

活性酸素を除去する効果があるポリフェノールを豊富に含んでいます。
活性酸素は女性側だけでなく男性側の不妊の原因の一つにもなっており、対策が必要です。

 

 

ザクロはザクロエキスやジュースになっている商品が多く、サプリメントよりも
自然に取り入れることができるためおすすめです。

 

 

ルイボスティーと同様に食品なので基本的には摂取量に制限はありません。
しかし、女性ホルモン様の物質が含まれているため、摂りすぎは注意です。

 

 

■妊活サポートアイテムB葉酸サプリメント

 

妊娠前、妊娠初期の葉酸の摂取は厚生労働省も推奨しています。
二分脊椎や神経管閉鎖不全などを予防することが一番の目的ですが、
葉酸にはそのような先天異常を防ぐ以外にも妊活への効果があると言われています。

 

 

まず葉酸について簡単にご説明します。
葉酸は水溶性のビタミンBの一種です。

 

 

タンパク質や核酸(DNA,RNA)の合成に関与していて、細胞の増殖や入れ替わりに
葉酸はとても重要な役割を果たしています。

 

 

葉酸は普通の食事からも摂取することができますが、妊娠前・妊娠初期に必要な
一日400μgを食事のみで摂取しようとすると、結構大変です。
ホウレンソウで換算すると、毎日約400gを食べなければなりません。

 

 

食事のみから十分な葉酸を摂取することはなかなか大変なため、
厚生労働省でも葉酸のサプリメントを服用することを勧めています。

 

 

妊娠前・妊娠初期(~3ヶ月)の摂取の目安は普通の食事+400μg分のサプリメントです。
それ以降は一日480μgの食事性葉酸の摂取を目指します。

 

 

食事性葉酸とは実際の食事に含まれている葉酸の量で、全て吸収されるわけではないので、
実際に吸収される葉酸の量はこれよりも少なくなります。

 

 

一般に、食事よりもサプリメントの葉酸の方が吸収効率がよく、
食事性葉酸の吸収率が50%ほどで、サプリメントは85%程度です。

 

 

一日480μg(食事性葉酸)をサプリメントのみで補うとすると、
480×0.5÷0.85で約283μg葉酸が含まれているサプリメントを飲むことになります。

 

 

葉酸が妊活にいいと言われている理由は主に以下の二つです。

 

・子宮内膜の強化

 

子宮内膜はふかふかとした赤ちゃんのベッドのようなものです。
卵管膨大部というところで受精した後、受精卵は細胞分裂をしながら卵管を通過して
子宮に入り、子宮内膜に着床します。

 

 

不妊症と子宮内膜の関係も指摘されていて、子宮内膜がふかふかである方が
着床、妊娠しやすく、子宮内膜が薄いと妊娠しにくくなります。
また、着床後も子宮内膜が薄いと流産してしまうこともあります。

 

 

・血流強化
葉酸には新たな血液を造り出す作用があり、体内の血流を良くする効果が期待できます。

 

正常に着床に至った方は全身の血流が良く、子宮内膜の血流もよいと報告や
子宮内膜の血流が良いと着床後の胎児の発育も良好であるという報告があります。

 

 

つまり、全身の血流を良くし、子宮内膜にもしっかりと血液を送ることで、
着床しやすくなるだけでなく、着床後も胎児の成長を促す効果も期待できます。

 

 

■葉酸で体調が悪くなったり効果がなかった人は何割くらい?(推計)

 

妊活中の葉酸サプリメントの摂取は厚生労働省も推奨しており、
妊活としてやることの一番目にくるくらい重要なことではないでしょうか?

 

 

そんな大切な葉酸ですが、人によっては効果が感じられなかったり、
体調が悪くなってしまう人がいるようです。

 

 

葉酸で体調が悪くなったり効果がなかった人はどれくらいいるのでしょうか。
そのような統計はなかなかないため、クチコミから予測していきます。

 

 

体調が悪くなったり、効果が無かったりする人はクチコミ評価も低いだろうという推測で
検討してみました。

 

 

葉酸サプリの中で人気のあるベルタ葉酸サプリでは、だいたいですが、
良いクチコミが9割、悪いクチコミが1割ほどとなっていました。

 

 

その他の商品についても体調が悪くなったというクチコミはほとんどありませんでした。
情報が少ないですが、葉酸の摂取によって体調が悪くなった人は1割もいないと考えられます。

 

 

そもそも葉酸は野菜などに含まれる水溶性ビタミンであるため、
葉酸自体が体に悪影響を及ぼす可能性は少ないでしょう。

 

 

また、葉酸の効果についてですが、イギリスで行われた大規模な研究によると
葉酸の摂取で二分脊椎の発症を約半分に減らすことができるとされています。

 

 

アメリカでも葉酸の摂取を勧めてから二分脊椎の発症率が低下したというデータがあります。

 

 

このように葉酸は二分脊椎などの予防に効果があるということがわかりますが、
同時に葉酸サプリの摂取だけで完全に防ぐことができるわけではないようです。

 

 

■葉酸サプリで体調が悪くなる原因

 

では、葉酸サプリで具合が悪くなる原因は何なのでしょうか。

 

 

原因の一つとして考えられるのは、添加物です。
サプリメントにするときに葉酸以外にも添加されることがあります。

 

 

薬でもそうなのですが、主成分は問題なくてもその添加物が体に合わない
といったことがたまにあります。

 

 

葉酸サプリで体の不調が見られた場合、違うサプリメントを試すのもいいかもしれません。

 

 

また、葉酸の代謝が上手くいかない人も体内で葉酸の濃度が高くなり
悪影響が出る可能性があります。

 

 

食事などに含まれる天然の葉酸と違い、サプリメントに含まれる合成された葉酸は
体内でメチル葉酸塩に変換されて利用できるようになります。

 

上手く変換されるには、酵素、肝臓、小腸がちゃんと働くことが必要となります。
また、十分なビタミンB2、B3、B6、C、セリンなども必要です。

 

 

人口の5%くらいに葉酸をメチル葉酸塩にするために必要な酵素である
メチル化テトラヒドロ葉酸塩還元酵素という名前の酵素が欠損している人がいます。
その酵素をコードしているMTHFR遺伝子の異常とされています。

 

 

その人は体内でメチル化ができなくなるため、葉酸を上手く使えない他にも
ホモシステインをメチオニンという物質に変換できなくなり、
ホモシステインが過剰、メチオニンが不足という状態になります。

 

 

それにより、肝機能が落ちて代謝が上手くいかなくなったり、
自閉症のような症状が出たりします。

 

 

また、ホモシステインが過剰であることにより、血管内皮細胞が障害され、
動脈硬化や血栓形成が起こりやすく、炎症、心疾患、脳血管障害、疾患の悪化などが起きます。

 

 

メチル化できなかった葉酸は血中に蓄積するにもかかわらず、体内で使える
葉酸はないため慢性的な葉酸不足の状態になります。

 

 

メチル化ができないためにメチル葉酸塩が不足し、不調が出ているのなら
メチル化したメチル葉酸塩を与えればいい、ということになりますが、
メチル葉酸塩はただ与えればいいというわけではないようです。

 

 

・炎症があるときに与えない
・少量から始める

 

ということを守らないと逆効果になってしまうようです。
メチル葉酸塩が過剰になると神経症状は出現するため慎重に与えてください。

 

 

■MTHFR遺伝子異常があるのはどんな人?

 

MTHFR遺伝子異常はタンパク質の代謝に関係する遺伝子です。
その異常は遺伝でもおきますが、後天的にもなります。

 

 

後天的なものの原因には、農薬、ウイルス、化学薬品などによって
遺伝子に変異が起きることによります。

 

 

また、同じMTHFR遺伝子異常でもどのMTHFRに異常があるのかや
2つある遺伝子のうち両方に異常があるのか片方だけなのかによって
症状も変わってきますし、投与するメチル葉酸塩の種類も変わります。

 

 

そのため、疑ったら詳しい検査をすることをおすすめします。

 

 

適切な治療を受けると、

 

情緒の安定
アレルギーが軽減する
物事に関心を持つようになる
味覚が向上し、食に関心をもつようになる
知覚過敏が軽減される
記憶力、学習能力が向上する
消化、吸収能力が向上する

 

などの効果がみられます。